フォント等の選択

印鑑の制作を依頼する場合、自分の苗字があるかどうか、入れる事ができるかどうかだけでなく、どのようにして入れることができるのか、ということについても合わせて確認をしておく必要があります。印鑑業者によって、作製することができるフォントなどには違いがあり、自分のイメージ通りの印鑑を作製することができるかどうかには違いがあるためです。

印鑑のフォントとして利用されることが多いのは、明朝体や草書体、隷書体などです。この他にも、蒙書体などが使用される場合もあります。使用する目的な、自分の苗字の字としてのデザイン性に合わせて、適切なフォントを選択することが重要になるでしょう。

また、印鑑をオーダーメイドで作製する場合、苗字だけの印鑑である必要があるわけではありません。数が多い苗字の方の場合、フルネームで印鑑を作るというのも十分考えられる選択肢の1つとなります。その場合は、どのようなレイアウトで作製するのかが重要になるでしょう。

苗字と名前が合わせて3文字というような人であれば一行で収めることができますが、合わせて5文字や6文字となると一行に詰め込むのは難しくなります。その場合、縦や横に二行として作製することになるでしょう。